熊本のインプラント・矯正・ホワイトニング・抜歯のことなら、医療法人ひがし歯科医院へ

診療予約

診療予約

インプラント

歯を作る

歯がない所に歯を作る治療

  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯
最も望ましいのは「インプラント」です。

これは、チタン製の金属を歯がない所の骨に植え込むことにより、もう一度“歯”を作る方法です。しっかり噛めますし、違和感もありません。まわりの歯も削らずに済みますし、「インプラント」がしっかり力を受けてくれるので、まわりの歯も長持ちします。
当院では15年以上前よりCT(歯科用断層装置)を導入しています。症例も数千となります。術前に立体的にシミュレーションできるので、安全に短時間に行う事ができます。しかもダメージの少ないノンフラップ手術が可能です。又、際どい手術でも手術中にCTで確認できるので適応例は無限です。他院で無理と言われた方こそ、ご相談ください。「骨がないからインプラントはできない!」というのはウソです。
技術があり、設備があり、歴史がある当院でインプラントができないのは1万人に1人程度です。なお当院は日本最大のインプラント保証会社ガイドメント社2018年アワードを受賞しています。
※全国1300加盟歯科医院の中で成功率の高さトップ10に入る事ができました。

  • 最も望ましいのは「インプラント」です。
  • 最も望ましいのは「インプラント」です。
  • 最も望ましいのは「インプラント」です。
2番目の選択は「ヒューマンブリッジ」です。

インプラントができない方(どうしてもインプラントが怖い方)にとっての適切な治療はヒューマンブリッジです。インプラント、ブリッジ、義歯に続く第4の補綴(失った歯を補う方法)と呼ばれています。2004年に開発され2012年に和田精密歯研(という日本で一番大きな歯科技工会社)により日本に正式に導入された方法です。

2番目の選択は「ヒューマンブリッジ」です。

  • ヒューマンブリッジの長所
    • ①なんといっても歯を削らないか、わずかしか削らないのでそこから虫歯になる事が少ないです。又、硬いエナメル質上に接着される事で離脱の可能性もかなり低いです。
    • ②したがって一般のブリッジより耐久性が高く長持ちします。また短期間で完成(約3週間)
  • ヒューマンブリッジの短所
    • ①保険が全くきかないので高価(といってもインプラントよりは少し安いけど)
    • ②金色のパーツがあり、真っ白でない分少し見かけが悪い。
  • ヒューマンブリッジでできる?できない?(基本的には通常のブリッジと同様の適応症)
    • ①欠損歯数:前歯では3歯欠損まで、臼歯では2歯欠損まで
      遊離端では1歯欠損までが可能です。
    • ②すでにインレーやコンポジットレジンで修復されている場合にも可能。
    • ③失活歯などエナメル質がない場合、冠をかぶせて行ないます。
    • ④欠損部の幅径が小さい場合など3ユニットでなく2ユニットのほうがしやすい場合もあります。
    • ⑤連続したブリッジにも対応できます。
    • ⑥両方の支台歯にすでに冠が入っていたら有効ではありません。
    • ⑦中程度以上の歯周病で動揺がある歯牙にはできません。
      短期間で完成(約3週間)します。
  • ヒューマンブリッジまとめ
    • 高価で見かけが少しおとりますが、高耐久性が自慢。多くの症例で可能です。
    • インプラントが無理な人にとっては最善の治療法です。
  • ヒューマンブリッジの当院の価格
    • 1本につき8万円/(例)一般的な3本ブリッジだと24万円となります。
3番目の選択は「ブリッジ」です。

これは、歯が無い所の両脇の歯を削り、かぶせてつなぎ、噛めるようにする治療法です。違和感はありません。保険がきくものもあります。(ただし、耐久性のある金合金や、セラミック、オールセラミック、ジルコニアオールセラミックを使った白いものは自費となります。)もちろん耐久性はインプラントやヒューマンブリッジに比べおちます。
削るため、そこから虫歯になったり・しみるようになったり・歯周病になったりすることはあります。少ない歯に過重な力がかかることもよくありません。

3番目の選択は「ブリッジ」です。

4番目の選択(最も望ましくないのですが)は「入れ歯」です。

どのような口の状態でも適用できます。入れ歯には、「自費の金属床」と「保険のレジン床」があります。
自費の金属床は、入れ歯の主要部分を薄い金属で作った入れ歯です。レジン(プラスチック)に比べ丈夫な素材であるため、快適でたわまず、丈夫です。それゆえ、残っている歯や歯ぐきにあまり力をかけず、それらを長持ちさせます。また、金属ならではの“薄い仕上げ”は、違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせます。さらに熱の伝わりの良さで、一層おいしく食事を楽しむことができます。なお2~4本のインプラントを入れ歯の下に用いて半固定式入れ歯にすることもできます。
ただ入れ歯は、1900年にはほぼその形が完成した古い治療法です。残っている歯・歯茎にも過大な力がかかり、長持ちはしません。また、装着感も最悪です。

金属床入れ歯

当院自費価格

施術内容 当院価格
インプラント 手術から冠をかぶせるまで
(他院と違い当院では、難症例でも30万!です。)
1本15万円〜30万
ヒューマンブリッジ 1本につき8万円
ブリッジ ジルコニアオールセラミック 1本につき8万円
メタルボンドポーセレン 1本につき8万円
オールセラミック 1本につき5〜6万円
ジルコニア冠 1本につき6万円
ハイブリッドセラミック冠(パラ) 1本につき3.5万円
金属床 チタン床 24万円
コバルト床 20万円

インプラント

当院では、インプラントシミュレーションシステム付きCT(断層装置)などを使い、最適なインプラントができる環境にあります。
1本でもCTとサージカルガイドを組み合わせて、手術精度を追求しています。現在、当院において、できないインプラント手術はほとんどありません。他院でできない!と言われた方こそ、どうぞご相談下さい。ほとんどの場合、当院では可能です。

ひがし歯科で
インプラントを入れたくなる理由

第一章
インプラント、ブリッジ、入れ歯、放置

私、歯科医になりそろそろ30年近くなります。臨床畑をず〜っと歩いてきました。その中で実感している事、それは、「歯を失ったらインプラントで補うしかない!」という事です。断言できます!
その他の全ての治療法では、長い目で見て、どんどん歯は悪くなります。どんどん歯は抜けます。どんどん状態は悪化します。間違いありません!
もちろん比較するとインプラントが「最も優れている」という事であって、「費用がかかる」「手術が必要」という欠点はあります。でもインプラントが1番いい!のです。

インプラントの詳しい説明をする前に、歯を失った場合の全ての対処法(4つ)を一つ一つ見ていきましょう。

インプラント ブリッジ 部分入れ歯 放置

以上4つです。①〜④は何の順かというと、「いい」順番です。「望ましい」順番です。「長持ちする」順番です。でも、「高価な」順番でもあります。
日本ではありえない事ですが、もし医科で歯科の治療ができるのであれば、普通の治療は全て保険がきくでしょう。そうすると、ドクターから説明を受けるのはおそらく1だけです。放射線治療を受けている方や、どうしても手術が怖い方のみ②〜④の説明を受けることになります。なぜならば、②〜④では歯を長期間維持する事は不可能だからです。

ブリッジ「②ブリッジ」とは、抜けた歯の前後の歯を削って3本又はそれ以上繋いでかぶせる治療法です。長所としては、保険で出来るものでは割と安いことがあげられます。短所はたくさんあります。まず第一に、支える歯は、負担過重となり、弱ります。8時間労働だった人が急に、12時間労働になるようなものです。過労で、だんだん元気がなくなっていきます。第二に、歯の表面の硬くて丈夫なエナメル質を削るので、虫歯になりやすくなります。第三に、冠と歯との境目にどうしても段差が付くので、歯周病も進みやすくなります。
長い目で見ると、必ず悪くなります!

部分入れ歯「③部分入れ歯」とは、取り外し式の装置です。長所は、樹脂主体の「レジン床」であれば保険がきいて安い!事です。ちなみに保険がきかない入れ歯には、金属主体に作った「金属床」があります。これは、薄くて丈夫に作る事が出来るので、感じがよく、骨に対する害も1/10といわれています。その他、金属のひっかけを無くし、見かけを良くした「ノンクラスプデンチャー」などもあります。
入れ歯の欠点はたくさんあります。口の中の「異物感が取れない」、つまり「気になる」。「慣れない」、「喋りにくい」、「おいしく食べられない」、とか、金属のひっかけが目立って「恥ずかしい」とか、食後に洗わないといけないから「面倒くさい」とか、においが付き「臭くなる」とか、2〜3年しか「持たない」とか、色々あります。しかし、大きな欠点は、以上のことではなく、以下の2点であることをご理解願いたいと思います。まず第一に、「ひっかけている歯をダメにする」という事です。歯に変な向きの力がかなりかかりますので、弱ります。又、ひっかけてあることで不潔になり、虫歯、歯周病を悪化させます。歯は、結果ダメになります。つまり将来は必ず抜くことになります。第二に「骨をダメにしていく」「骨を壊していく」という事です。元々、歯を失った骨は、どんどん痩せて薄くなっていきますが、入れ歯を入れるとこれが10倍以上加速されます。骨が痩せて無くなっていくのです。入れ歯を支える骨が無くなってゆくので、入れ歯の安定は失われ、緩くもなり、咬めなくなります。特に下顎が総入れ歯の場合は骨が年々痩せていき、どんどん咬めなくなります。最悪です。

放置「④放置」。抜けたところを治療しないと、抜けたところに向かって他の歯が動きます。咬み合わせの歯は「抜けて、伸びて」きます。奥の歯は「斜めに倒れて」きます。結果、抜けたところの後方すべてで、まともに咬めなくなります。
そうするとますます残っている奥歯に力がかかり過ぎ(負担過重になり)、傷み、寿命が短くなります。奥歯が少なくなると、前歯に力がかかりすぎ、出っ歯になり、見かけも悪くなります。もしその前歯に差し歯がかぶせてあるとすれば、はずれます。はずれた時には抜歯しないといけない!かもしれません。

以上、②〜④についてご説明しました。
つまり「どれもダメ!」という事です。勿論、インプラントは費用がかかりますし、手術も必要となってきます。でも、長い目で見ると、②〜④と比べて、本当に価格かが高いのかというと、実は、そうでもない!とも思います。1本1本もしくは数本ずつ歯が悪くなっていく、もしくは歯が失われていく。そして、いろんな嫌な事が次から次へと起こってくるのです。その連鎖をインプラントで止めることが出来るのです。素晴らしい治療法です。 インプラント以外の方法では、再生療法がありますが、実現化には数十年かかりそうですし、1本につき数百万円はかかるそうです。導入は難しいし、やる意味もないですね。 では、次章から本題のひがし歯科でインプラントを入れたくなる4つの理由についてお話ししたいと思います。

第二章
SG と CT を用いた確実で早く、痛みの少ない治療

通常のレントゲンが表から撮影するのに対し、骨を立体的にとらえ、輪切りの状態で治療の目安にするのが、CT(断層撮影)です。当院では、日本で一番普及しているヨシダのトロフィーパンプラスという歯科用CTを九州で二番目に、もちろん熊本では一番に導入しました。(現在は次の新機種にリニューアルしています。)
簡単なインプラント手術を大雑把にするのでしたら、レントゲンだけで充分です。でも「インプラント手術をする」のではなく「ベストのインプラント手術をする」のであれが、CTが必要です。
ただCTは、以前は数千万円したので、での歯科医院でも買えるものではありませんでした。今は1千万程度で買えるようになりました。いいインプラント手術を受けたいのでしたら、是非、せめて院内にCT設備がある医院で手術を受けることをおすすめします。さて、ひがし歯科のインプラントが優れているのは、まず「SG(サージカルガイド)を用いてCTを撮っていること」です。

  • SG と CT を用いた確実で早く、痛みの少ない治療
  • SG と CT を用いた確実で早く、痛みの少ない治療

上記左図を見てください。CTを撮っている医院では、大抵図のような術前シュミレーションをやっています。ただし、このインプラントを埋入するラインは、実際は口の中ではわかりません。そのために、広く骨膜をはぎ、骨面を出して、指で触りながら勘でやっているのです。骨膜をはぐことで痛みも出やすいし、時間もかかります。傷も大きいし、出血もします。骨も後に2mmやせます。ウ〜ン?!
ひがし歯科では、上記右図の様にSGを作ってCTを撮り、手術の時も使っています。そうすると、インプラントを埋入するラインが正しく定められます。
角度の誤差もわずかですし、長さもシミュレーションを参考にしながら、それにさらに経験をプラスしています。この角度かな?これ位の深さかな?などと迷う事もないので、「時間がかかりません!」骨膜を切ってはがないので「痛みがあまりでません!」「出血もあまりありません!」誤差が少ないので、難しい手術でも「わりと簡単に早くできます!」良いことがかりですね。
普通のインプラントが大きくお腹を切って行う昔の盲腸手術だとすると、当院のインプラントは最新の内視鏡(それともダヴィンチ?)を使った手術だと思っていただければいいかと思います。ダメージ、痛みが少なく、傷も小さく、入院も短い!精度も高い。かかる時間も短い。そんな感じですね。

第三章
1ピースインプラントははるかに長持ち

ひがし歯科では、年間200~300本ほどのインプラント手術を行っています。熊本県では、3〜5番目に手術数が多い歯科医院です。スタッフが100人以上のような大規模医院、又は多医院展開の医院以外では県下750医院中1〜3番の数ですから、かなり多いわけです。他都道府県からの来院や歯科医見学もあります。さて、自慢はこれくらいにして――。
たくさん手術をするようになったある年、実は困った事が数件起きました。インプラントの上の部分をとめてあるネジが緩んで、冠が動いてきたのです。結局緩んでいるパーツを交換し、冠もやりなおす事になり、患者さんに迷惑をかける事になりました。
この件について、インプラントの各メーカーに問い合わせてみたら、意見が真っ二つに分かれました。一つは「ネジだから緩むのは申し訳ないが、どうしようもない」という意見。もう一つは「ネジだから緩むけど、当社のインプラントは工夫がしてあるので大丈夫」という意見。私は――前者が本当であると思いました。前者が誠実な営業マンの意見であると。では、どうしたら――。
紆余曲折の末、たどり着いたのは「1ピースインプラント」です。下記右図参照。このインプラントには、ネジがありませんので、緩むことはありません。

ツーピース型 ワンピース型

緩まなくなったことで、インプラントトラブルのほとんどはなくなったのです。
しかし、1ピースインプラントには弱点があります。上記左図の2ピースインプラントのように、傾斜埋入で誤魔化すことが出来ない事です。ただここで前述のひがし歯科の強み「サージカルガイドとCTを用いたインプラント治療」の良さが発揮出来るのです。

つまり、きわどい所を狙って咬む面に垂直にインプラントを埋入するのです。どうでしょう。どちらが長持ちすると思われます。どう見ても、1ピースの方ですね。2ピースだとネジ緩みそうですし、力に対しても弱そうですね。患者さんに言っています。「差がつくのは15年先!20年先!ですよ!」と。長持ちする方がいいに決まってますよね。
実は、平成24年には1ピースのインプラントの優位性を示す事件が3つありました。

例1

10年前にインプラントをしたが、インプラント上部が緩んで脱離し来院。ところが、メーカーが倒産しており、パーツが入手出来なかった。

例2

5年前インプラントをしたが、上部が緩んで動いていた。急いで来院するよう促したが、数ヵ月来院なく、来院された時には、すでにネジがインプラント内部で破損していた。

例3

10年前に入れたインプラントそのものが破損していた。

以上3例全て、他院で埋入されたものでしたが、インプラントを除去、再手術をしました。1ピースインプラントでは、例1.2のような緩みはありませんし、単純な太い単一の構造なので、例3のような破損もありません。1ピースインプラントの優位性を確信する3つの事件でした。

第四章 価格

いつもお伝えしている通り、歯科の保険制度はおかしい制度です。いわゆる医科で可能な「普通の治療が保険で受けられる」ということが歯科では不可能だからです。私が総理大臣か厚生大臣になったら、インプラントを保険に導入します。それが国民を健康にし、幸福にするからです。しかし、現実は―――。お金がないと、良い歯科治療は受けられません。歯が無くなった後の、いい治療はインプラントだけなのに。
インプラント、ブジッジ、入れ歯という治療法は横に並んでいるのではなく、縦に並んでいます。例えば、日曜日に東京で親戚の結婚式がある時に、飛行機で行くのが「インプラント」。夜行バスや鈍行で行くのが「ブリッジ」。路線バスを乗り継いで行くのが「入れ歯」みたいな感じです。話にならないんです。「入れ歯」は、1900年にはほぼ完成されたものです。今どき1900年のものって、身の回りに何かありますか?何もありませんね。 私達歯科医は、いろんな事を提供する能力や技術を持っているのに、人のためになりたいのに、保険で出来ないという理由で、出来ない事が一杯あります。本当に残念です。ひがし歯科では、私達の能力を世のため人のために少しでも発揮できるよう、自費治療においては、価格を最低もしくはかなり低めに設定してあります。きっと「得した!ラッキー!」と思っていただけるでしょう。しかも、前章で述べたように、高品質なのです。2018年ガイドデント社の賞をいただきました。全国1300医院の中で成功率の高い上位10医院に入ったのです。
なお、インプラントの材料には1チタンと2チタンの上にハイドロキシアパタイトコーティングされた物の二種があり、後者の方が、骨と早期につくので治療期間が短縮されます。当院では現在、このハイドロキシアパタイトコーティングのインプラントを使っています。

ツーピース型 ワンピース型

第五章 冠の材料と保証制度

インプラントの上にかぶせる冠に関しては、見かけ上、白い冠がいいですよね。今では、ジルコニアオールセラミックが良いと言われています。ただし、耐久性としては本音で言うと、貴金属で金色に作る冠に比べるとどうなのかな?と思います。歯ぎしりをする人、食いしばりをする人とかは、かけたりしやすいですしね。
そこで白い冠をメインでするにあたり、保証会社を利用して保証制度を始める事にしました。10年保証です。もし、白い冠にしてトラブルが起こるとしたら、10年以内に起こりますから、これでOKだと思います。又、この保証は一律30万円まで保証されますし、ひがし歯科が潰れても、全国どこの都道府県でも保証されます。これで安心して、白い冠にすることが出来ます。なお、厚みがどうしても取れない場合は、咬み合わせの面が金属になったり、ジルコニア単体になったりする場合もあります。ジルコニア単体の場合は、白ですがベタっとした白であり、そんなに綺麗ではありません。耐久性第一なら、咬み合わせを金属にするのもありです。

最後に

以上、「正直な意見」を述べさせていただきました。「歯がなくなったら、インプラントしかない!ひがし歯科のインプラントは凄い!」という事、ご理解していただけたでしょうか。もちろん、こんな歯科医療制度だからこそ、歯が抜けてインプラントにしたりしなくてもいいように、予防することが最も大切です。

また、ひがし歯科のインプラントは大口式オギュメーターという器具も使用しています。
なるべく骨を削らずに優しい治療が可能です。

当院のインプラントの料金

ひがし歯科では上限を決めております。(サイナスリフト除く)
当院のインプラントの料金を詳しく述べたいと思います。

❶施術料 基本料金
10万円
骨の高さ幅とも充分にあれば手術料はコレのみです。

手術時間:約15分

+ソケットリフト
6万円
上顎の場合、骨の高さが10mm未満の時に行います。 術中の再CT撮影料込み。

手術時間:+約15分

+骨拡大
6万円
骨の幅が6mm未満の場合に大口式オーギュメーターにて行います。術中の再CT撮影料込み。
針穴に糸を通すような細かい手術です。

手術時間:+約30分

+スプリットクレフト
6万円
骨の幅が6mm未満の場合に行います。
術中の再CT撮影料込み。
人工骨材料料込み。

手術時間:+約30分

+骨拡大
3万円
骨の幅が6mm以上8mm未満の場合に
ボーンスプレッダーにて行います。

手術時間:+約15分

+サージカルガイド
1万円
ベストな位置にインプラントを植立するために使います。 切開をせず、手術時間を短くし、痛みの少ないノンフラップ手術をする事ができます。
❷上部構造 前歯部 ジルコニアセラミック 8万円
メタルボンドポーセレン 8万円
オーバーデンチャーアタッチメント 6万円
臼歯部 ジルコニアオールセラミック 8万円
ゴールド前装冠 8万円
ジルコニアクラウン 8万円
オーバーデンチャーアタッチメント 6万円

料金は❶施術料+❷上部構造です。
精度を上げ時間を短くし、痛みを少なくするためにサージカルガイドの利用をおすすめします。
全国全都道府県で適応できる10年保証をつけることもできます。

注意事項

  • 術前の検査として、CT撮影診断料1.5万円かかります。
    ※CTは術後にも確認のため撮影しますが、これは手術代に含まれます。
  • サージカルガイドは、一般に5~10万円の費用が別途かかりますが当院では1本につき1万円です。
  • 当院のインプラント治療には、日本最大のインプラント保証会社ガイドデントの10年保証がつけられます。転勤・転居や他県での入院などでも安心です。
  • 早めのインプラントをお勧めします。歯を失った人には、インプラントのみが噛み合わせを安定化させ、一生なんでも噛める人生に導いてくれます。
  • とにかく、なんでもご相談下さい。
    ひがし歯科は、保険から矯正・インプラントまで、幼児から高齢の方まで、そして訪問までと、すべてを扱ってる数少ないハートフルな総合歯科医院です。

インプラント10年保証

当院のインプラント治療は10年保証しています。

インプラント10年保証ってどんなもの?

保証範囲について

下記の場合について、保証が適用されます。

  1. 口腔内において正常に機能していた状態で、ガイドデント認定会員の指示に従い、所定の定期メンテナンスを受診していたにもかかわらず、保証部分が脱落または破折した場合
  2. 再治療事由が偶然な事故の場合も!

保証範囲について

1引越しをすることになってもスムーズに転院!

5年間に、実に4人に1人が転居されています。そんな患者さまの転居や、ライフスタイルの変化にもガイドデント認定会員である歯科医院を利用して、転院に柔軟に対応できる保証です。

2偶然事故でインプラントが破折してしまっても無償で治療!

ご家庭での事故や仕事、スポーツ中の様々な偶然な事故が原因で、インプラント体や上部構造の脱落や破折があった場合も、無償で再治療を行います。また、定期メンテナンスをきちんと受けていて、同様のトラブルが起きた場合も、保証の対象となります。

3治療を受けた医院が廃院しても保証は継続!

通院していた医院が廃院になったり、院長の高齢化により引退した場合、治療・メンテナンスを継続できなくなる危険性があります。その際はガイドデント会員の歯科医院をご紹介しますので治療・メンテナンスだけでなく保証も継続することができます。

4インプラント治療を行う歯科医院選びに困らない!

歯科医院の数が増えるに伴い、自分にあった歯科医院を選ぶのは至難の業です。
ガイドデントの基準をクリアした全国1300医院はいかがでしょう。
ガイドデント社認定歯科医院は安心です。

院内保証とその比較

  院内保証 10年保証
他医院での保証 × 治療を受けた医院でしか受けられません。 全国のガイドデント認定会員約1300医院で治療が受けられます。
保証の範囲が明確である 明確でない。 保証書を発行し、保証額、保証部位を明記します。
治療を受けた歯科医院が引退してしまったり歯科医院が廃院してしまった場合の保証 × その医院だけの保証のために保証が消滅します。 お近くのガイドデント認定会員を紹介します。保証も引き継がれます。
保証対象外のケース ×
×
過失による偶然の事故
定期メンテナンス不履行(6ヶ月以内)

×
過失による偶然の事故
定期メンテナンス不履行(6〜12ヶ月以内)
再治療、費用の負担額 経年とともに、負担額⬆︎ 保証限度額まで無償で保証
保証期間 0〜10年? 10年間保証します。
(保証限度額に到達した場合、その時点で保証は消滅します。)

インプラント10年保証(10年分一括)

インプラント10年保証(10年分一括)

上に戻る
ご予約はこちら お問い合わせ